TOPページ男女(語句)>貯金

貯金

貯金(ちょきん)とは郵便局などに預けたお金のことです。厳密には銀行に預けたお金は同じ意味の言葉の「預金(よきん)」という言い方をしますが、日本人にはお金を預けると貯金という言葉を使う人が多いようです。
 
貯金は1,000万円までは国が保証してくれますが、それ以上の額だと、預けた銀行が潰れてしまった場合は保証されません。そのため、お金をたくさん持っている人はいくつかの銀行にお金を分散するか、「決済性普通預金(けっさいせいふつうよきん)」という利息がつかない代わりに潰れても全額が保証される貯金にすることが多いようです。
 
ちなみに、日本人の平均貯金額は、平成20年度の家計調査では1,680万円となっています。かなり多い金額ですが、これは全体の貯金総額で平均をだしているの多くなっているだけで、年代別だと大きく違っています。ある調査によると、20〜40代の働く人の約6割が貯金額300万以下という結果も出ています。
 

関連トピ

順位トピタイトル関連ポイント
1結婚に至るまでの「公平な」お金の負担で揉めてます857
2彼に求めるのはやっぱりダメ?781
3私の貯金目当てで結婚した夫との接し方と貯金の使い方について775
4隠し貯金がばれてしまった739
5婚約者から「貯金はいくら?」と聞かれました637
638歳預金ゼロ…妻に無視されています620
7人の貯金をあてにする婚約者569
8結婚前の貯金も差し出せという彼女536
9独身時代の貯金で車を買いたい!532
10貯金ゼロでプロポーズって!(驚)488